2011年09月21日 (水) | Edit |
台風の雨風が一番猛威を振るっていた時間に、勤務終了の時刻・・・

既に色んな電車の路線が運休になっていたので「ゆっくりしていきなよ」と言われたりしましたが。

いやいや、そんなに遠くないから帰りたいわ。と会社を飛び出し。

電車運は最高によく、普段より早い時間で地元の駅に到着。ラッキー。

しかし近頃の私。
けっこう雨女。

駅から自宅までの道のりが。
久しぶりに命と隣りあわせかも。と思うくらいの風。飛ばされそうになった瞬間に、意外と体重が軽いのかしら?と半分浮かれてみたり(←本来そんな場合ではなく)しながら、自宅へ歩いたり走ったりしていました。<風任せ
ビニール傘を差していても、前なんか見えやしません。しかもいつもの裸眼。まぁこんなときにメガネを掛けていても、メガネに雨が吹き付けるのできっと見えないのは同じ。
と、なんだか野生の勘で歩きつつ。無事に到着しそう!次の角を曲がれば我が家よ!と思った瞬間に
傘がオチョコに。
うーん。こんな家の目の前で傘を捨てるわけにもいかず。

傘は無駄に持ったまま、ますます見えないままに我が家到着・・・



オチョコになったと思っていた傘は、ホネだけになっていました。
ハテ。いつビニール部分はなくなったのか・・・不明です。

しかし久しぶりに、こんな台風に自ら突っ込んでしまいました。

後日色んな人に聞いてみましたが、こんなに台風に向かって歩いていたのはアホな私くらいだったようです。みなさま、時間をずらして帰宅とか、ダーリンが迎えに来てくれたとか・・・555<力なく
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック