2009年10月30日 (金) | Edit |
今、アロマウィークなんですよ。私の中だけではありませんよ?
11月3日は、アロマの日なんですよ。文化の日でもありますが。<文化の日が後ろって
・・・完全にコイツ、アロマテラピーにハマッっているな。という囁きが聞こえるような気がしますが・・・幻聴か何かだと思うことにします。笑

11月3日まで銀座のプランタンでアロマフェアを開催しているので、初日に行ってきました。何だか鼻息荒い人みたいですが、単にその後の開催日は出勤日で行けなかったからです。笑

と言っても。行ったら行ったで、初めて行ったせいもあり、結局鼻息は荒くなったのですが。ならないわけないですよ。だって楽しいもん。

会場は思ったほど大きくなかったのですが、あらゆるブースでいろんな精油を嗅いでみてください。とお声を掛けていただけるのですが。一度にあんまり色々嗅いでも、鼻が麻痺しますので・・・嗅ぎ比べたい精油だけ狙って、各社のブースを回ってきました。同じ植物の精油なんですが、産地や時期などが違うとそれなりに違います。どの会社のものがいいかという判断は特にしません。自分が今、どの香りを求めているかを体感したかったんです。以上で感想はおしまい。笑


↑会場に行ったらもらえた風呂敷と、お買い物をするといただけるラベンダーの束。


↑風呂敷にはロゴが入っています。


↑ラベンダーの束は、ちょっと包み直して寝床のそばに置いて熟睡・・・
包みなおすだけでも、買ってきたのか?と思われるかなと・・・

色々買ったのですが、タイとほとんど関係がないので全部書きませんが、このブログ向きなアイテムをご覧ください。


↑ヘナとニーム油入りのシャンプー。


↑ニームの石鹸。

どちらもインド人の方しかいないブースで、あっつあつの紅茶を供されたのですが、猫舌なのであっつあつが飲めない私、冷ましついでに延々とインド人のオジサマから商品についてあれこれ聞き。・・・そんだけ聞いたら何か買った方がいいような気になったのと、パッケージ写真の強い視線の人が
買いなさいよ。
と言っていたような気がしたので、買ってみました。
ついでに一瞬、使うあてもなくニーム油まで買いそうになりましたが、私はそちら路線(←アーユルヴェーダ方面)ではないので、と、とりあえず今回は買うのを見送りました。

最近タイねたを書いていませんが、その内書きますよー。ってコレばっかりですけど。汗
アロマテラピー関連ばかりに関心が行っている風ですが、タイ語で書かれている植物の書物も同時進行で読んでいます。タイのことは忘れていませんよ。
ひそかに新たな発見をしている最中なので、ぢわぢわとタイでおなじみの植物とアロマテラピーで使われる植物の繋がりなども記事にしていきたいと思っています。


今、この辞書の後半3分の1を激しく使っています。

タイ日大辞典
富田 竹二郎
日本タイクラブ

このアイテムの詳細を見る



この辞書の後半3分の1余りが動植物名がタイ語ラテン語日本語で掲載されているのですが、買った当初は、この分薄くなれば軽くなるのに・・・なんてブツブツ言っていた私は何処行った?状態です。むしろ植物名増やして欲しいなぁ!!と思っているくらいです。勝手なもんです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック